日焼けとシミの深い関係を理解しておきましょう

日焼けとシミの深い関係を理解しておきましょう

日焼けとシミの深い関係を理解しておきましょう。

 

太陽光に含まれている紫外線は、骨を作るためには必要なものです。

 

ですからある程度の量は浴びる必要があります。しかし必要以上の量を浴びると体に対して良くない影響がもたらされることもあります。その影響のひとつがシミです。紫外線を浴びすぎることで日焼けをするのは、メラノサイトと呼ばれる細胞が紫外線によって活性化され、そこからメラニンと呼ばれる黒褐色の色素が大量に分泌されるためです。そしてこのメラニン色素こそ、シミの正体でもあります。

 

つまり紫外線を過剰に浴びることでシミができるスイッチが入ってしまい、更にそのために必要な色素の分泌が促進されてしまうと言う具合です。では、どうしてメラニン色素が分泌されるのかと言うと、これは紫外線ダメージから肌を守るためにです。それだけ紫外線を浴びすぎることは、肌にとっては大きなダメージだと言うことです。メラニン色素は、しかし、いつまでも肌表面に残り続けるとは限りません。

 

人間の肌にはターンオーバーと言う機能が備わっています。これは肌の古い角質などが一定期間ごとに剥がれ落ち、代わりに新しい肌が表面に押し出されてくると言う機能です。よってこの機能が正常に働いていればメラニン色素も剥がれ落ち、つまりはシミも早期に解消することが期待できます。しかし日焼けをした肌と言うのは、そのダメージにより乾燥していたり、敏感になっていたりします。

 

肌のターンオーバー、その周期は肌の状態によって大きく左右されます。ですから日焼けによって肌の健康状態が損なわれていると、ターンオーバーの周期も乱れやすくなり、結果としてメラニン色素がいつまでも肌表面に残りやすくなってしまうと言う具合です。つまり日焼けは、シミのみならず肌の健康状態にも深く関係していることだと言うことができます。

 

ですからそこから始まる肌ダメージを防ぐためには、まずは何はともあれ徹底的な紫外線対策が求められます。年間を通じて日焼け止めを利用するのが望ましいです。それでも、うっかりしていて紫外線を浴びすぎてしまったと言う場合には、そのダメージをその日の内に解消することが求められます。

 

たとえば抗酸化力に優れたビタミンCが含まれたスキンケア製品でたっぷり保湿をする、またそれが含まれた食品を大目に摂取することも効果的です。それからメラノサイトやメラニン色素に働きかける作用を持った成分が含まれたスキンケア製品も、数多く販売されています。ですからそれを継続して使い続けるのも望ましい方法です。紫外線を浴び過ぎた肌は、先でも述べたとおりバリア機能も著しく低下しています。そのまま放置していると様々なトラブルが連続する恐れもあるので、たっぷりと保湿をすることが必要です。また肌のターンオーバーの周期を整えることも大切です。これに関しては特に生活リズムを整えることが重要です。

 

ターンオーバーは睡眠中に行われていますから、時に睡眠はある程度の時間をとること、質の良い睡眠をとることが求められます。